松坂屋の印象と百貨店でのアルバイト

誰でも知っている長年営業している百貨店の一つに松坂屋があります。私の松坂屋の印象は、正統派の百貨店というところです。現在は百貨店全体が低迷して、閉店するところや合併するところが出ていて、家族で百貨店に行くのが楽しみだった世代の私としては、複雑な気分です。家族連れが多く訪れていた時代は、エレベータガールや受付などデパガと呼ばれてもてはやされて、あこがれの職業であったと思います。そういうドラマも有ったくらいです。今は不景気で、エレベータガールも姿を消し、少しさみしい気分です。営業していくのが苦しい現在は、色々と工夫されて巻き返しを図っている所ですが、そんな今でも百貨店はたくさんのアルバイトが支えている場所でもあるでしょう。松坂屋もたくさんのアルバイトを募集しています。短期では、バーゲンやお中元お歳暮時期に増員として、長期では、アパレルやバッグや靴売り場が多いように思います。松坂屋に入っているテナントもたくさんあり、その中でもデパ地下と呼ばれる食料品売り場は、テナントごとのアルバイトもよく募集されているようです。以前テレビでも見たことが有りますが、デパ地下では、お客さんと直接会う人以外にも見えないところでお総菜などを作っているアルバイトの方もいるのです。ですから、どこの売り場もいまだに女性の方が圧倒的に多く感じます。年齢層は、その売り場によって合う年齢があるので、10代の若い方から中高年の方まで幅広く働ける場所です。これからも働く人、買う人とたくさんの人が集まる場所であってほしいです。

comments: 0 »

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Comment

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>