大阪での家族葬の実態について

家族葬というのは基本的に遺族・親戚・ごく親しい友人など身近な人だけで行う葬儀。
参列者の多い本葬に対して、遺族のみで小規模で行う密葬に似ているが、家族葬の場合は通夜や告別式を少人数でも執り行う。
宗教にこだわらず、費用も一般的な葬儀に比べるとかからないケースが多いことから近年家族葬をのぞむケースが増えてきた。
家族葬が増えてきた原因は高齢化と地域のつながりの希薄化、核家族化などが考えられる。
故人が高齢の場合、

本人の知人・兄弟なども亡くなっていたりして数少ない、勤めを辞めていて職場関係の参列者がいない。
東京や大阪など都会で暮らす子供のもとで亡くなった場合以前からの付き合いが少ないため、親族以外の方を葬儀によびたくないという家族の気持ちが強く地域や会社もそれを受け入れている、高齢期に医療や介護、施設などに財産を使い葬儀費用までは準備できない、などと分析している。
大都市の一例として大阪の業者を調べてみると、

家族葬を扱っている葬儀屋はいくつもある。
予算も10万円台からと格安の業者もある。
大阪府のみならず今後全国で増えていく葬儀形態であろう。
しかし、本当に大切なのは義理や予算といったことではないはずだ。
葬儀は事前に十分な準備期間がとれないことが多いので、遺族が段取りや対応に追われて肝心の故人をしのぶ気持ちの余裕がないのは残念なことだからだ。
後になってあれもしてやりたかったなど後悔しないために、納得のいく葬儀をしてあげたい。
そのためには遺族の意向を汲んで親身になってサポートしてくれる葬儀屋を選ぶことが大切だ。

comments: 0 »

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Comment

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>